Home » ダンスニュース, 競技会情報 » 今年度予定競技会終了

今年度予定競技会終了JPDSA岐阜県支局

2017年08月29日 category : ダンスニュース, 競技会情報 

今年のJPDSA岐阜県支局の主管のダンス競技会はすべて終わりました。

事故なく無事に競技を終了できたのは、すべて選手の皆様の協力と感謝し、
岐阜支局スタッフ一同お礼を申し上げます。誠にありがとうございました。

岐阜県支局は今年初めの競技会で開催数が少ないラテンA級を開催しました。
各地でエントリーが少なく敬遠されがちですが他の役員からも反対されましたが、
私の責任の元、ラテンA級戦を決定しました。

⇑今年初めての会場になったセラトピア土岐の会場

昨年よりラテンA級出場希望の選手からの開催依頼のメールを
何度か頂きそれにお応えしようと思いの開催でした。

ラテンA級戦へ中部内は勿論、全国、他総局に協力要請、結果他府県からの出場もあり
予定数も上回り無事競技を成立させる事が出来ました。

7月にはDSCJ公認以外にも愛知県春日井市でプロ競技会も開催しました。
これも中部のプロ選手、東部、西部からの出場があり
盛り上がった競技会になりました。

今年は予定であった3回の競技会の内2回、
岐阜県内で同日他団体の競技会が重なり、
内外より開催が危ないのではという声が上がり
私も危機感を感じました。

そこで、今年初めよりの対策として岐阜支局ホームページでの宣伝、
岐阜大会の宣伝動画の制作、Facebookでの宣伝、中部本部各支局、
東部、西部など他総局への選手出場の協力依頼、

⇑リアル採点システムでのタブレットで審査中の私です。

そして愛知支局スタッフと共同作業、競技会の曲も愛知支局から
最新アルバムを提供して頂き新曲への入れ替え(これは毎年しております)
また昨年より採用しているリアル採点システムの利点性の宣伝も致しました。

結果、競技会には多くの選手が出場して頂く事になったと自負しております。

⇑リアル採点システムのタブレット

3回の競技会を終え全ての競技会で赤字出すことなく終えることが出来たことに今現在、
支局長としての責任を果たし安堵しております。

JPDSA岐阜で使用している多治見卸美濃焼センター、
今年初めて使ったセラトピア土岐、それらの会場は
決して交通の便が良いとは言えません。

しかし、これらの会場に全国から多くの選手が出場され開催当日選手の
皆様を目にした時に感激と感謝で胸が一杯になりました。

感謝の気持ちも競技会場で伝えたいのですが、
ルール上、会釈程度しか出来ない事をお許しください。

そして協力してくれた全国の関係者の皆様、
愛知、岐阜のスタッフにも大きな感謝です。

⇑審判員の勉強もたくさんさせて頂きました。
画像は私が勉強で使ったWDSFジヤッジ資料。

私が現役の頃は、それ程の宣伝もしなくても選手が多く競技会を
成立させることは可能であったと諸先輩方々から聞いています。

しかし今のダンス界は非常に厳しい状態で黙って待っていても、
選手の皆様の出場は望めないでしょう。

また岐阜という土地柄では尚更難しさが増すと考えられます。
現に私が岐阜支局長に就任したほんの数年前まで岐阜大会は毎回開催が
危機状態でタイムテーブルも予定数を下回り
空いた時間を埋めるさえ大変だったという状態でした。

それが今では予定時間を大きく上回ることも多くなり
競技会として成り立ちタイムテーブルも忙しくなり
逆に時間調整を何度も行うという嬉しい大変さが出てきています。

しかし、まだまだ至らぬ点が多々あります。
改善すべき点も少なくありません。

来年も今年以上に選手の皆様がまた出場したくなる
競技会を目指し努力して行きたいと思っております。

為せば成る、
為さねば成らぬ何事も…

選手の皆様、来年度もJPDSA岐阜県支局を宜しくお願い致します。

そして私の生まれ故郷の岐阜県もよろしくお願い致します。
(私の実家の街、岐阜市柳ケ瀬商店街での買い物も是非お願い致します。)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

岐阜県支局長 鈴木智隆

Copyright(c) 2017 JPDSA岐阜県支局 All Rights Reserved.