Home » ダンスニュース » 2016最後JP岐阜大会無事終了

2016最後JP岐阜大会無事終了JPDSA岐阜県支局

2015年11月28日 category : ダンスニュース 

2016年11月22日、JPBDA岐阜ダンス競技大会、
JPBDA中部、2016年度最後の競技会が、
岐阜県多治見市にある多治見市美濃焼卸センターにて開催されました。

交通の便が決して良いとは言えない、
この会場へ、全国各地から出場して頂き本当感謝です。
しかも予想を上回る多くの選手を迎える事も出来ました。

DSC_1646

会場前の100台収容できる駐車場も満車になり、スタッフや一部の方が美濃焼卸センター内へ
許可を得て路上駐車して頂くという状態になりました。

今回は、岐阜大会初の「リアルタイム採点システム」を採用、

予選から決勝まで、審査員が持つスマホタイプの審査タブレットから区分が終わる都度、
無線LANを使い送られ、審査員全員の採点が送られると同時に即座にプリンターが作動、
選手への張り出し用から他の進行係用までの結果用紙がプリントアウトされます。

DSC_1648

その間ほんの数秒。
決勝の順位も選手が最後の種目を踊り終わって退場と同時には結果が出る優れた採点システムです。
先日の愛知大会では優勝者のオナーダンスが早すぎないかという指摘もありました。

今回は1分は待つということでオナーダンスを踊って頂きましたが、
優勝する選手が、その位でばてる選手はいないと確信しました。

DSC_1647

問題は、新システムということで、多少、審査員の中でも慣れてない方もいて、
競技が中断することもありましたが、今現在システム自体の大きなバグは出ていません。

しかし、中断があった事を含めても今までのペーパー採点よりも
最終的にはスムーズに進行が出来たと思います。

また、今まで存在が曖昧だった競技長を新たに確立させるために
競技長は、審査員などそれ以外の仕事はしないで競技長のみの仕事をする
という本来の形にする事もしました。

しかし、反省点もいろいろあり、当日競技終了後に反省会もし、
今後も役員スタッフが再び集まり反省点を含めた会議と新システムの審査員への
再講習が必要と考えています。

JPBDA岐阜県支局は微力でスタッフも少ない小さな団体ですが、
少しでも選手の皆様が喜んで出場して頂けるような競技会を目指して
頑張って行きたいと思います。

これからもJPBDA岐阜県支局を
よろしくお願い致します。

JPBDA岐阜県支局&愛知県支局
鈴木智隆



Copyright(c) 2015 JPDSA岐阜県支局 All Rights Reserved.